男女関係トップ --> 法律相談のための準備

法律相談のための準備

法律相談は、地方公共団体や弁護士会等で実施している無料相談で30分、 個々の弁護士が行う有料相談で30分から1時間というのが、通常ではないでしょうか。 この時間内で、自分の問題を説明して適切な助言を得るためには、当然ながら事前準備が必要です。
先ず、事案の概要を、重要事項・ポイントを外さないように且つ簡潔に、まとめておきます。
次に、その事案に関する自分の質問を、明確にして列挙しておきます。
そのうえで、相談に臨みます。
事案概要がまとめられていないと、説明から本質的事情がもれる、 自分の質問への回答を得るのに無関係な些細な事実を詳細に話すなどして、 時間が無駄になり、最悪の場合は事情が明確にならないまま終了します。 又、自分の質問が的確・明確でないと、当然ながら明確な回答は得られません。
ここで重要なのは、質問は法的なものであることです。 「自分はこれからどしたらよいでしょう」といった類のものではなく、 例えば「損害賠償を請求するため、裁判所にはどのような申立をすればよいか」 「この要求をされているが、自分には応ずる義務があるのか」「この要求に対し争うためにはどのような法的手段があるのか」 といったものです。 法律相談であって人生相談ではないからです。
とはいえ、相談時点で的確な法的構成や法的整理が求められるわけではないです。通常の理解力ある第三者が事案内容と質問内容が概ね理解できる程度に、整理できていれば十分です。 お気軽にご相談ください。

初回相談は無料で行っています。相談はこちらから