男女関係トップ --> 弁護士費用に基準はあるのか

弁護士費用に基準はあるのか

以前は弁護士会に報酬規定というのがあり、その規定に従い弁護士費用が決められていました。 ですから弁護士によって弁護士費用が大きく変わることはありませんでした。
しかし現在は、弁護士会の報酬規定はなくなり、各弁護士が自由に金額を決めてよいことになっています。
以前の基準よりも相当高い弁護士もいれば、以前の基準よりも安い弁護士もいます。 尤も、多くの弁護士は以前の基準を参考に弁護士費用を決めているようです。

当事務所での弁護士費用基準

東京シティー総合法律事務所は、着手金・報酬金のみの料金体系としています。
着手金は、受任時点で事案複雑性・証拠状況・双方主張合理性・等を判断し、事件解決までの労力・時間等を予測して、 委任者と協議の上で決定します。
報酬金は、契約上は解決により実際に得られた経済的価値(又はみなし金額)の一定割合と定めますが、 実際にはそれは上限であり、実際の成果の他に、実際の労力と予測との乖離を勘案して決定しています。
実質的には、弁護士費用の総額は、低額に抑えています。 特に、経済的・社会的弱者の場合は、非常に低額で済むようにしています。

初回相談は無料で行っています。相談はこちらから