不倫・慰謝料請求に強い弁護士トップ → 夫婦間の契約は婚姻中何時でも一方から取消可能

夫婦間の契約は婚姻中何時でも一方から取消可能

(質問)
夫の不倫が多く、露見するとその時は「二度としない」と誓うのですが、直ぐに不倫を繰返します。
そこで、不倫した場合には慰謝料300万円支払う、
離婚した場合には子供の養育費10万円を毎月支払うなどとの契約書を作成したい。

(回答)
夫婦間の契約は婚姻中何時でも一方から取消可能です。
離婚後は一方的取消はできませんが、通常、離婚しそうになった段階で取消されてしまうと考えるべきでしょう。
そして、この取消の成否を争うには訴訟で判断してもらうしかなく、取消不成立との判決を得るのは容易ではありません。

初回相談無料、ご相談はこちらから

上記以外の法律相談も受けています。初回相談は無料です。

ご相談はこちら