婚姻外の妊娠

婚姻関係にない男女間で妊娠が契機になり交際を解消することがよくあります。 婚姻関係にない男女間でも、認知・養育費請求は認められます。認知・養育費は何ら責任のない子どもの固有権利であるからです。 又、男性の対応によっては、女性から慰謝料請求もできます。 婚約を破棄した、交際の開始時に一方が嘘を言って騙した、 DVがあったなどの特段の事情がある場合に限らず、 男性が妊娠の事実やその後の中絶又は出産に真摯に対応せず、女性の精神的・身体的・経済的負担を軽減すべき義務を十分にはたさない場合には、 例え不倫関係であったとしても、慰謝料請求が認められます。

初回相談無料、ご相談はこちらから

上記以外の法律相談も受けています。初回相談は無料です。

ご相談はこちら